2021年7月2日RS SAILINGからASAF(アジアセーリング連盟)との新しいパートナーシップが発表されました!

2021年7月2日にRS SAILINGとASAF(ASIAN SAILING FEDRRATION)との新たなパートナーシップについてのアナウンスが発表されました。

下記に原文と意訳を記載しますが、特にFRVA,AERO,RS21でのアジアエリアに対し、草の根的なローカルのレベルから国際大会まで幅広いサポートを提供して貰える様子が案内されております。

これから更にRSクラスが成長できるチャンスになると思われます。

是非御期待下さい。

ちなみ今回のワールドプレスリリースに添付されていた画像は葉山から4名が参戦した2019年末~2021年正月にメルボルン開催の「RS Aero World Championship 2019」でのOさんの画像でした。

RSプレスリリース、Oさん画像、意訳ご確認下さい。

意訳

RSセーリングがアジアセーリング連盟との新しいパートナーシップを発表

RS Sailingは、アジアセーリング連盟との新しいパートナーシップを発表できることを嬉しく思います。

アジアセーリング連盟(ASAF)は、アジアエリア全体のセーリング協会であり、ワールドセーリングの重要なメンバーです。

今回の新しいパートナーシップは明確な成果を求めて計画されました。

RSセーリングとASAFは、ASAFのメンバーや関連の皆様と協力して、アジア全域でのセーリングの成長をサポートします。

この作業は、草の根のローカルなレベルから国際大会に至るまで、すべてのレベルで行われます。

単一の小型ヨットメーカーの中で最も多くのワールドセーリングクラスを擁するRSセーリングは、ASAFメンバーに、長年にわたりセーリングに関わるトレーニングプログラムの開発と世界クラスのイベントのサポートに関する専門的な知見を提供します。

RS Sailingは、ASAFと協力して、メンバーがRS Feva(ダブルハンドユースクラス)、RS Aero、(現在国際的に評価されているシングルハンド艇)、およびRS21(最新ワールドセーリングキールボートクラス)のへのアクセスを容易に楽しめるサポートを行います。

ASAF会長のMalav Shroffは、次のようにコメントしています。

「ASAFはRS Sailingと協力できることをうれしく思います。このパートナーシップは、アジア地域でのセーリングイベントの促進と発展に役立つでしょう。」

RSSailingの国際事業開発であるDan Jaspersは、次のようにコメントしています。

「アジアでのセーリングスポーツを成長させるという点でのASAFの目標は、RSSailingのビジネス戦略と一致しています。過去数年にわたってこの地域で前例のない成長を経験してきた私たちは、ASAFが行っていることと、ASAFがメンバーに代わって目標を達成するのを支援するためにRS Sailingができることとの相乗効果(両者がお互いに求めている共通な方向性)が今回のパートナーシップ開発を通じて変化に影響を与える刺激的な機会と見なしています。

今後数年間、ASAFおよびアジアのすべてのメンバーと緊密に協力することを楽しみにしています。

RS Sailingは、アジアセーリング連盟とのこの新しいパートナーシップに触発されており、アジアでのセーリングの継続的な成長を支援することを楽しみにしています。

終了


RS Japan Class Association~日本RSクラス協会~

0コメント

  • 1000 / 1000